CarPicks
自動車の購入

一人暮らしで車は贅沢?でも中古車なら維持しやすい!

一人暮らしだけど車が欲しい!または、地方に住んでいるので車がどうしても必要。そんなケース、ありますよね。

しかし車の所有となると、車両の購入費はもちろん、駐車場代やガソリン代、保険などの費用がかかってきて、生活も苦しくなります。

限られた収入で車を所有するためには、一体どのような車を選択すれば良いのでしょうか。

車を購入する場合に基本的な維持費

車を購入したい、またはしなければならなくなった場合に、一体どれくらいの金額がかかるのか、ざっくり計算してみましょう。

ここでは軽自動車を例に代表的なものだけ上げてみます。

毎月必要なもの

車本体のローン

一般的な軽自動車100万を新車で60回ローン購入・・・毎月16,000円

車の保険代

年齢制限その他、極力条件を付けて・・・毎月15,000円

ガソリン代

週2ペースでそこそこ走るパターン・・・毎月10,000円

駐車場代

地方住みでのアパートなどの契約駐車場・・・毎月5,000円

全て合計すると、月々46,000円ほど掛かる見込みになります。

年単位で必要なもの

自動車税

1年に1回5月頃に必要な軽自動車にかかる税金・・・年7,200円

車検費用

2年に1回かかる車検費用、軽自動車の場合・・・2年に1度50,000円

ざっくり言ってこのくらいは掛かってきます。

削減できる維持費はどこか

先ほどの例では毎月約46,000円になっていますが、この中で削減できるところがあります。

それは、車両購入費ガソリン代です。

例えば仮に車両本体価格が50万、ガソリン代月毎月5,000円に抑えることが出来れば、必要な金額が約10,000円ほど削減が可能です。

また、金額100万円を一気に支払うのは難しいですが、50万円であれば何とかなる人もいるかもしれませんね。

このような部分を削減して、月々の負担を下げる工夫をしてみましょう。

車両本体価格を下げるには中古車が一番!

新車で購入する場合、最安値の軽自動車でも大体100万程度は必ずかかってしまいます。

そこで、新車を購入する余力がない場合は、中古車がオススメです。

軽自動車の中古車なら数も多いですし、大して乗っていないのに売り出された良品の中古車が60万くらいで購入できることも多いんです。

また、普通車などでも通常だと150万円ほどする車種でも、2〜3年落ちくらいで100万を切るケースも多く、支払が可能ならこの辺りの選択肢も入ってきます。

月収と支払い額の比率に注意

家賃では「月収の3分の1程度に抑えておくと、楽に生活できる」とよく言われます。

車の場合も程度これに当てはまり、例えば、月収の手取り18万なら6万円以下となります。しかし、実際にこの額の支払いだと結構キツイですよね。

出来れば余裕をもって月収の6分の1を目指し、3万円台の支払いに収めたいところです。

しかし、これくらいの額になると、正直新車は厳しくなるので、ぜひ良質の中古車を見つけられるように頑張ってみましょう。

あなたの車の買取価格はいくら?

車の買い替えを考えている方や自分の車の買取価格を知りたい方。 もっと車を高く売りたい方には、「車の買取一括査定」サービスがオススメです。

たった32秒の簡単な入力だけで愛車の買取相場や、最大10社の一括見積もりで最高買取額も分かります!65万円以上もお得に売却できたケースもあります。

下取りよりも買取りの方が平均16万円以上もお得になる査定額差を体験した車買取一括査定サービスであなたの車を高く買取してもらいましょう。


TOP