CarPicks
自動車の購入

残クレジット(残クレ)のメリット・デメリットについて

車を買う時、どんな支払い方法を使いますか?

一般的には、現金・クレジットカード決済・銀行や信販会社などで自動車ローンを組んで支払いをしていきますが、近頃では「残クレジット」を提案してくる販売店も増えてきました。この残クレジット、名前は聞いた事あっても詳しくは知らないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、「残クレジット(残クレ)のメリット・デメリットについて」と題して、残クレジットの基本情報やリースとの違い、残クレジットを使って車を買う事のメリット・デメリットについてご紹介します。

そもそも残クレジットとは?リースとどう違う?

残クレジットとは、正式名称は「残価設定クレジット」と呼び、車両本体価格の一部を「最終回に支払う金額として前もって設定する」支払い方法です。車を買う時の予算が少ない・早めに車を買いたいけど、月々の支払い額を出来るだけ抑えたいと考える、特に若いユーザーから支持を集めている方法です。※一部自動車販売店では「残価設定ローン」とも呼んでいますが、内容は同じです。

残価とは「数年後の車の価値」の意味もあり、最終回の支払い額を予め設定する事で、車両本体価格全部を分割で支払う一般的なローンと違い、「それ以外の車両本体価格を少ない負担で支払う」事が可能になりました。一般的なローンと比較しても、月々の支払いが約1~2万円程違います※諸々の条件があるので、実際の支払い額は見積を取る事をお勧めします。

また、この残クレジットは以前からローンの一部として使われていましたが、社用車に適用される「リース」との違いが分かりにくく浸透してきませんでした。

ここで、リースについてもご紹介しておくと、リースとは「リース会社」がユーザーが欲しい車を代わりに購入し、購入した車をユーザーに決められた期間中に貸し出す事です。この時の所有者はリース会社ですが、使用者(名義人)はユーザーになるので、一般的に車を購入した時と変わらずに、車に乗る事が出来ます。

残クレジットとリースで決定的に違う点は、「リースは頭金不要だが、残クレジットは頭金が必要」「車検費用・税金などの諸費用は、リースはリース料に入っているが、残クレジットは別途支払いが必要」「残クレジットは車種が特定されるが、リースは好きな車種が選べる」などです。

また、契約期間が満了した後でも対応が異なり、両方とも返却が出来ますが、残クレジットの場合は買取る必要があります、リースは再びリース契約を結ぶ事も出来ます。

残クレジットのメリットは?

先程は、残クレジットの基礎知識をご紹介しましたが、残クレジットを設定する事によって様々な「メリット」もあります。ここではメリットについてまとめています。

まず、大きなメリットとして挙げられるのが「毎月の支払金額が少なくて済む」事です。

一般的にローンで車を購入する時は、頭金を準備した上で毎月決まった金額を支払っていきますが、残クレジットでは「無理に頭金を準備する必要がなく、購入する時に予算があまりない」といった場合には有効な購入方法です。

次のメリットとしては、設定した支払い回数が修了した後に「様々なプランを選択する事」が出来ます。

ここでのプランとは「返却する・設定した残価を支払ってマイカーにする・返却した上で次の新車に乗り換える・引き続きクレジットを組む」です。

これだけプランが充実していたら、その時の状況に応じて柔軟に今後を決められるので安心です※再度クレジットを組む場合は、金利が上がるので注意が必要です。

もう一つのメリットとしては、「残価は買取価値として保証される」事で、一般的な中古車相場に応じて車の価値が変動する事がなくなり、売却する時に有利となります。

残クレジットのデメリットは?

ここまで、残クレジットのメリットについてご紹介してきましたが、実はメリットと同じ様に「デメリット」も存在します。最初に知っておかないと、最終的に損をする事になりますので注意が必要です。

残クレジットの大きなデメリットは、一括で最終支払いを終わらせる場合に「まとまった金額が必要」となる事です。車種や設定した時の条件にもよりますが、平均的に「本体価格の40~50%」となります。仮に車両本体価格が200万円の場合は80~100万円となり、この金額をまとめて払う必要があります。

もう一つは、「最終的な引き取り条件はメーカーによって違う」事です。細かな使用条件も設定されており、中でも走行距離についてが最も厳しく設定されています。具体的には、過走行については最も厳しく、走り過ぎた車は車両価値にも大きなマイナスとなるので注意が必要です。

走行距離以外にも、事故で修理をした・車検などの点検を受けなかったなどで「ペナルティ」が発生し、ペナルティを受けてしまうと買取価値が変わり、最終回の支払い金額も変わります。よって、通勤やレジャーに使う頻度を多い方は、走行距離などに気を付ける事が、支払い金額の抑制に繋がります。

結局、通常ローン・残クレジット、どっちがお得?

残クレジットについてメリットとデメリットをご紹介しましたが、結局のところ、通常ローン・残クレジットを比較すると、どっちがお得なのでしょうか?

長い支払い期間を如何に少ない負担で乗り越えたい・同じメーカーの車を乗り換える傾向がある方は、毎月の支払い額が少ない・メーカーの違いによる使用条件に惑わなくて済むなどのメリットがある、残クレジットがおすすめです。

一方、一つの車に愛着があり、月々の支払いが多少高くても問題ないという方には、通常ローンがおすすめです。

購入する時の状況に併せて、どちらかを選択する事が、賢い車の購入に繋がります。

あなたの車の買取価格はいくら?

車の買い替えを考えている方や自分の車の買取価格を知りたい方。 もっと車を高く売りたい方には、「車の買取一括査定」サービスがオススメです。

たった32秒の簡単な入力だけで愛車の買取相場や、最大10社の一括見積もりで最高買取額も分かります!65万円以上もお得に売却できたケースもあります。

下取りよりも買取りの方が平均16万円以上もお得になる査定額差を体験した車買取一括査定サービスであなたの車を高く買取してもらいましょう。


TOP