CarPicks
ブログTOPへ カテゴリー:

サスペンションを交換する前に知っておきたいスタビライザーについて



いま自分が乗っている車のサスペンションがなんだか柔らかいのでもう少し固めにしたいと思うことはよくあると思います。その場合、一般的には、社外のスポーツサスペンションや、車高調整式のサスペンションなどに交換することは一般的な対応だと思います。

しかし、安易にサスペンションのショックアブソーバーやスプリングを交換するとバランスが崩れてしまうことも念頭に置きましょう。
ところで、ショックアブソーバーとスプリングの関係はご存じでしょうか。

ショックアブソーバーは、その名の通りショックを吸収する物です。ショックというのは急激な姿勢変化と言い換えることが出来ます。強い横Gなどで車が傾いた時に急に姿勢変化をするのを押さえ込む役割をします。スプリングはどこまで姿勢変化を許すかを決めています。またスプリングが強ければ強いほど押さえ込む力が必要になります。

ショックアブソーバーとスプリングの設定は大変

スプリングを堅くするといままでよりも強い力で押さえ込まなくてなならなくなり、ショックアブソーバーも変更する必要が出てきます。もし、ショックアブソーバーが押さえ込む力とスプリングの力がつい合っていないといつまでも車が揺れているような状態になります。

ですので、安易ににショックアブソーバーやスプリングを交換するといつまでたってもショックが収束しないと言うことになりかねません

純正の足回りをそのままにロールを制限するスタビライザー

そこでスタビライザーの話なるのですが、スタビライザーは左右のサスペンションを連結する棒のような物です。いまはどんな車にも付いていると思いますが、これを強化するとロールが制限されるようになります。

これを使うとショックを吸収するショックアブソーバーとスプリングを交換しないので乗り心地を保ったまま足回りを固めることが出来るのです。


あなたの車の買取価格はいくら?

車の買い替えを考えている方や自分の車の買取価格を知りたい方。 もっと車を高く売りたい方は、「車買取の一括査定」サービスがオススメです。

たった32秒の簡単な入力だけで愛車の買取相場や、最大10社の一括見積もりで最高買取額も分かります!最大65万円もお得に売却できたケースもあります。

利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定サービスであなたの車を高く買取してもらいましょう。



TOP