CarPicks
ブログTOPへ カテゴリー:

エコカータイヤの新しいグリップの考え方にびっくり



最近発売された、BMWi3という電気自動車があるのですが、i3はとても大きな径(19インチ)のタイヤを履いています。しかし、幅はとても細く155/70というとても細いタイヤ幅をしています。

しかし、車を運転した感じではとてもこんな細いタイヤを履いているとは思えないほどに安定していて、びっくりさせられます。では、一体どんな秘密があるのでしょうか。

幅で稼ぐグリップから縦で稼ぐグリップへ

i3のタイヤはものすごく細いという話は先ほどしましたが、何故細いタイヤが良いのでしょうか。それは、空気抵抗が問題となっています。車が走ると走行による空気抵抗が生じるのですが、タイヤの幅が太くなればなるほど空気抵抗は大きくなります。

空気抵抗は燃費に直結しますので、空気抵抗は少なければ少ないほど良いと言うことになります。

かといってタイヤを細くすると今度はグリップが足りなくなって走りが安定しなくなります。そこで感慨出されたのが、155/70 R19というサイズのタイヤなのです。

このタイヤは幅が恐ろしく狭いのですが、そのかわりタイヤ径が大きく扁平率も高いです。これが接地すると縦方向にタイヤが潰れてグリップを稼ぐわけです。

よくタイヤが接地している面積ははがき一枚分と言われますが、これはいままでハガキを横にした形でグリップを得ていたのにかえて、縦にした形でグリップを稼いぐという、逆転の発想に寄るものなのです。


あなたの車の買取価格はいくら?

車の買い替えを考えている方や自分の車の買取価格を知りたい方。 もっと車を高く売りたい方は、「車買取の一括査定」サービスがオススメです。

たった32秒の簡単な入力だけで愛車の買取相場や、最大10社の一括見積もりで最高買取額も分かります!最大65万円もお得に売却できたケースもあります。

利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定サービスであなたの車を高く買取してもらいましょう。



TOP