CarPicks
ブログTOPへ カテゴリー:

車両保険は免責を付けた方がお得



新車を購入した時に、車両保険に加入するかどうか迷う人が少なくありません。車両保険は任意保険なので加入する義務はありませんが、仮に、事故を起こして全損すると、車が無いのにローンの支払いは続けることになります。

かといって、車両保険の保険料は他の保険料と比べて非常に高く、掛け捨てにしては負担が大きくなっています。そこで、保険料を抑えるための最善の策として「免責」を付けることがあり、契約者の条件によっては2~3万円も保険料を安くすることが可能です。

なお、免責を付けると、自己負担をしなければならないので保険に入る意味が無いと思われがちですが、実際には自己負担をするケースというのは滅多にありません。

負担額について

まず、事故によって車が「全損」した場合は免責金額に関係なく、保険金が全額支払われるため、自己負担はありません。

次に「分損」の場合ですが、車対車の事故においては相手から支払われる賠償金が免責分に充てられるため、実質的には免責が解消します。例えば、事故における過失割合が相手・6割、自分・4割だったとします。そして、免責金額が10万円で、修理費が50万円掛かったとします。

この場合、保険から支払われるのは修理費の50万円から免責金額の10万円を引いた40万円です。

しかし、相手から過失割合分の30万円(50万円の6割)の賠償金が支払われると、その金額から免責金額の10万円が契約者に渡され、残りの20万円を保険会社が回収します。つまり、自己負担は無くなるということです。

勿論、自損事故の場合は自己負担が生じますが、それをどうするかは価値観の問題です。


あなたの車の買取価格はいくら?

車の買い替えを考えている方や自分の車の買取価格を知りたい方。 もっと車を高く売りたい方は、「車買取の一括査定」サービスがオススメです。

たった32秒の簡単な入力だけで愛車の買取相場や、最大10社の一括見積もりで最高買取額も分かります!最大65万円もお得に売却できたケースもあります。

利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定サービスであなたの車を高く買取してもらいましょう。



TOP