CarPicks
ブログTOPへ カテゴリー:

メーターパネルの液晶化がどんどん進んでいます。



自動車のメーターパネルはアナログメータが一般的です。30年くらい前のソアラやセリカXX(ダブルエックス)新しいところではホンダのS2000等がフルデジタルのメータでした。

これらのデジタルメータは先進性などを打ち出すためのもので、高級車はやはりアナログメーターというのが一般的でした。しかしここに来てメーターパネルのデジタル化がどんどん進んできているようです。

メータパネルの液晶化一部から全部へ

メーターパネルのデジタル化は液晶技術の発達によってどんどん進んできました。はじめはメータパネルの中間にインフォメーションを表示する領域とスタートしたのですが、近年ではアナログメータの一部に食い込むような形で情報を表示する物が出てきました。

そして、とうとうメータパネルそのものが全て液晶ディスプレイになっている車も存在しています。BMWの7,5シリーズ、ランボルギーニのアヴェンタドールやウラカン、未発売のアウディTTなどが液晶のメーターパネルを持っています。

その中でもアウディのTTやランボルギーニウラカンなどはメータパネル上にナビのMAPを表示することもでき、いままでセンターコンソールの一等地を占めていたナビ用のモニタースペースが必要なくなると言うことになるのかもしれません。

今後は、気分に合わせてメーターの表示を変更したり自分でパネルをカスタマイズする機能などが出てくるかもしれませんね。


あなたの車の買取価格はいくら?

車の買い替えを考えている方や自分の車の買取価格を知りたい方。 もっと車を高く売りたい方は、「車買取の一括査定」サービスがオススメです。

たった32秒の簡単な入力だけで愛車の買取相場や、最大10社の一括見積もりで最高買取額も分かります!最大65万円もお得に売却できたケースもあります。

利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定サービスであなたの車を高く買取してもらいましょう。



TOP