CarPicks
自動車の売却

事故車・水没車・改造車・残債のある車は売れるのか?



年式が新しく、中古車市場で人気があり、キレイなクルマなら高く売れます。しかし何か事情があるクルマでも売れますので諦めないでください。そういった少し問題のある車両の売却について解説します。

事故車や水没車の売却

事故車や水没車といっても全損に近い状態から少しボディが凹んだくらいなど程度はさまざまです。通常事故車や水没車は廃車にするしかないといったイメージがあると思いますが、そういった車両を専門に扱う業者もあるので諦めないでください。

廃車をするには廃車手数料や解体処理費用、リサイクル委託金など数万円かかる場合もあり、意外と費用がかかります。そんなときは廃車や水没車をメインに買取りを行なっている専門業者の出番。軽度の事故なら修理してから売却するというのも手です。

また、こういった特殊な車両の買取りを行なっている業者なら、不動車や故障車などの現状動かないクルマでも買取りしてくれる場合があります。専門業者なのでレッカーでの引き取りに対応可能など融通がきく場合も多いです。

改造車の売却

エンジンをチューニングしてパワーアップしたり、サスペンションやホイールなどを交換して車高を落としたり、エアロパーツを取り付けて見た目を大胆に変更した改造車。ホイールやマフラーを変えたくらいのライトな改造車なら一般の買取り専門店でも取り扱っていますし、装着パーツによってはプラス査定になることもあります。

しかし、ハードな改造車となると話は別です。買取り可能ではありますが、数百万円かけた改造がマイナス査定になる可能性もあります。それは一般的に改造車の需要がなく、中古車オークションにデータが少ないため査定が難しいというのが理由です。

しかし、改造車専門に買取りを行なっている業者なら別。そういった業者は一般的な中古車オークションの相場だけではなく、改造車としての査定を得意としています。そのためチューニングやドレスアップを査定に反映し、より高額で買い取ってくれる場合が多くなります。そういった専門業者を利用する場合は、交換したパーツなどの詳細をしっかりとアピールしましょう。

そして改造車の場合は純正パーツの有無というのも重要な要素になります。改造車の場合は売却時のことも考えて純正パーツを大切に保管しておいた方がよい結果となります。

ローンが残っているクルマの売却

ローンでクルマを買う場合は2通りの方法があります。ひとつは銀行やJAなどの自動車ローンを利用して購入しているパターンです。この場合は自動車の所有権が本人になっているので売却しても問題ありません。

自動車ディーラーや中古車販売店でローンを組んだ場合は、通常は所有権が自動車販売店もしくはクレジット会社になります。そういった場合はクルマを勝手に売却できません。まずは現在契約・返済中のクレジット会社に手続きを行い、所有権を自分にする(一般的に所有権解除と言います)必要があります。所有権解除を行なうには、ローン残債の全額返済が必要になります。

しかし、所有権が自動車販売店やクレジット会社の場合でも売却できる特例があります。例えば査定額100万円でローン残債が50万円だったとします。クルマを売却することで100万円が手に入り、その資金でローン残債50万円を一括返済可能なので売却が可能になります。

また、査定額が20万円でローン残債50万円だったとしても、30万円を別に用意(現金もしくは別のローンを組む)して一括返済すれば売却することが可能です。こういった手続きは買取り専門業者に代行してもらうことが可能なので相談してみましょう。

査定額がローン残高より低くても、次に購入するクルマの金額に上乗せしてローンを組めば、現在の車両の売却と新しいクルマの購入だって可能ですので、買取り専門店や自動車販売店で確認してください。

あなたの車の買取価格はいくら?

車の買い替えを考えている方や自分の車の買取価格を知りたい方。 もっと車を高く売りたい方は、「車買取の一括査定」サービスがオススメです。

たった32秒の簡単な入力だけで愛車の買取相場や、最大10社の一括見積もりで最高買取額も分かります!最大65万円もお得に売却できたケースもあります。

利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定サービスであなたの車を高く買取してもらいましょう。

 


TOP