CarPicks
自動車の売却

離婚する時、ローンが残った車はどうすべき?



離婚の際、夫婦の共有財産に関しては財産分与をするのが一般的です。財産分与の対象となるものといえば、住宅や有価証券、家具などが真っ先に思い浮かぶでしょうが、車も実は財産分与の対象となります。

全ての車が財産分与の対象とは限らない

しかし、全ての車が財産分与の対象となるわけではありません。結婚前からどちらか一方が所有し続けている車は、夫婦の共有財産ではなく個人の財産ですので、財産分与の対象ではありません。

また、結婚前から自分一人でこつこつためていた貯金で結婚後に車を購入した場合も、貯金は個人の財産ですのでその貯金で購入した車も個人財産となり、財産分与の対象とはなりません。

そして、実家からお金を出してもらって車を購入した場合や車を譲ってもらった場合も、これは結婚生活の中で築き上げた共有財産ではありませんので、財産分与の対象とはなりません。ただし、実家からもらったものの、車検やメンテナンスを配偶者にお願いしていた場合は、対象となる可能性もあります。

共有財産の車、どう処分するか

車が財産分与の対象となっており、査定に出したところ値段がつくようであれば、どうするかを考えなければなりません。まず売却する場合ですが、購入の際にどれだけ金銭負担をしたかが、そのまま売却金額の分配の割合にも反映されます。

購入の際に夫が150万円、妻が50万円負担したとして60万円で売れたとしたら、夫は45万円、妻は15万円を手にできるのです。売却せずにどちらかが乗り続ける場合には、乗り続ける方が相手に負担額を支払います。

上記の例でいうと、夫が乗り続ける場合には15万円を妻に支払わなければなりません。ちなみに、夫が乗り続けるのに車検証の名義人が妻では、そのまま乗り続けることはできません。陸運支局に行って車の名義変更をするのも忘れないでください。

離婚をすると、任意の自動車保険の条件や金額も変わってきますので、見直しをするようにしましょう。

ローンと車の査定額、どちらが多いか

車を現金一括で購入できれば、財産分与も比較的スムーズにいくのですが、そうもいきません。多くの方が車をローンで購入しており、離婚の際もまだローンが残っているケースがあるからです。

処分したい車にローンがまだ残っている場合、ローンも財産分与の対象となります。この際に注意をしなければならないのが、ローンの残債と車の査定額のどちらが多いかで、それによって対応が変わってきます。

車の査定額の方が高い場合には、売却をしてローンの残債を完済してからその残額を分けます。半分ずつ分けた方があとくされもないのですが、どちらか一方が頻繁に乗っていたという場合などは、分配率の調整が必要かもしれません。

ただし、ローンが残っている車を売却するのは原則としてローン会社が許しません。ローン利用中の車の所有権は、車のオーナーではなくローン会社にあるからです。

売却の前に事情を説明すれば、ローン会社も所有権解除に応じてくれるでしょう。車の査定額よりもローン残債の方が多い場合には、ローンの残債を分け合うのがいいでしょう。

連帯保証人が設定されている場合

ほとんどの自動車ローンでは自動車が担保になりますので、連帯保証人は必要ありませんが、借入金額が多かったり住宅ローン以外に借金がある場合には、連帯保証人を求められる場合があります。連帯保証人を解除せずに離婚してしまうと、後々トラブルになりますし連帯保証人の方に多大な迷惑がかかります。

連帯保証人を求められるのは、購入当時その人に経済力がないからであり、現在の収入などを示せば連帯保証人の解除に応じてくれる場合もあります。また、ローン会社に金利上乗せを条件に解除に応じてもらう手や、別のローンに借り換えるのも手です。

あなたの車の買取価格はいくら?

車の買い替えを考えている方や自分の車の買取価格を知りたい方。 もっと車を高く売りたい方は、「車買取の一括査定」サービスがオススメです。

たった32秒の簡単な入力だけで愛車の買取相場や、最大10社の一括見積もりで最高買取額も分かります!最大65万円もお得に売却できたケースもあります。

利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定サービスであなたの車を高く買取してもらいましょう。

 


TOP