CarPicks
自動車の売却

車を売る時、自賠責保険は自分で抹消しないといけないの?



公道を走っている自動車には、2年に1度車検が義務付けられています。そして車検を受ける前には、自賠責保険の更新もしなければなりません。自賠責保険への加入は所有者の義務であり、自賠責保険が万が一切れているようなことがありますと、車検を受けることすらできないのです。

自賠責保険の所有者が変わったらどうするか

自賠責保険には、車のナンバーはもちろんのこと、所有者の名前も書かれています。車を売却する時など、車検が満了しない状態で車の名義人が変更となる場合も多いです。売却された車を別の人が購入して乗る際、自賠責保険の名義人が前の所有者のままというケースがあります。

名義人が前のままですと、万が一のときに保険金がおりないのではとも考えられますが、実はそんなことはありません。確かに、任意で加入する自動車の任意保険は、保険契約を締結した際の名義人が非常に重要になってきます。

名義人以外の人が起こした事故の補償については、様々な厳しい制限が加えられています。しかし自賠責保険は任意保険とは異なり、「人」に対して締結するのではなく「車」に対して締結をする保険です。

よって、車の所有者が変わって事故が起こっても、自賠責保険からしっかりと保険はおりますので安心してください。ただし、実態に合っていないのは好ましい状態ではありませんので、売却の際には自賠責保険の名義変更をするとよいでしょう。

自賠責保険の名義変更

自賠責保険の名義変更を旧所有者(車を売る人)が行なう場合には、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類と「異動承認請求書」が必要となります。異動承認請求書は、保険会社から取り寄せる、もしくは保険会社の窓口でもらってその場で書いて提出、という方法があります。

名義変更に関しては、旧所有者が必ず行わなければならないというわけではありません。新所有者(車を買う人)が名義変更を行う場合にも異動承認請求書は必要ですが、それに加えて旧所有者の印鑑証明書もしくは売買契約の関係書類が必要となります。

異動承認請求書には、旧所有者が実印を押す箇所がありますので、手続きの前にはあらかじめ捺印してもらわなければなりません。

自賠責保険の解約

自賠責保険の名義変更は比較的簡単に行なえますが、自賠責保険の解約は容易にはできません。ただ売却しただけでは、自賠責保険の解約はできません。売却した上でその車で公道を走れない状態にする場合のみ、自賠責保険の解約が可能となります。

具体的には「登録自動車の滅失」「廃車解体」「抹消登録」「輸出のための末梢仮登録」の4つのケースです。そうしないと、無保険の車が公道を走行する危険な事態になってしまいますので、厳しい制限がかかっているのです。

ちなみに、自賠責保険の有効期限が1か月以上残っていれば、解約した際に返戻金を受け取れます。その手続きは、まず陸運支局で車の抹消手続きを行う必要があります。

抹消手続き自体は、自分で行わずとも業者に依頼することもできますが、その際には所有者の印鑑証明書と委任状も必要になります。抹消手続きが完了してから解約手続きが可能なのですが、その際には基本的に自分で手続きを行わなければなりません。

ただし、解体業者などの中には抹消手続きとともに自賠責保険の解約も代行してくれる業者があります。自賠責保険の解約手続きは、保険代理店ではなく保険会社の営業支社で行わなければなりません。

営業支社が分からない場合には、保険代理店に聞いてみましょう。「自賠責保険の原本」「一時抹消登録証明書もしくは登録事項証明書のコピー」「所有者の認印」「振込先の金融機関の口座情報」を営業支社に持っていき、その場で解約手続きを行います。

あなたの車の買取価格はいくら?

車の買い替えを考えている方や自分の車の買取価格を知りたい方。 もっと車を高く売りたい方は、「車買取の一括査定」サービスがオススメです。

たった32秒の簡単な入力だけで愛車の買取相場や、最大10社の一括見積もりで最高買取額も分かります!最大65万円もお得に売却できたケースもあります。

利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定サービスであなたの車を高く買取してもらいましょう。

 


TOP