CarPicks
自動車の売却

車を売ると良い時期はいつ?



今持っている車、手放すならできるだけ高い価格で売却したいですよね。では、車を売却するのにベストな時期はあるのでしょうか。

基本的には「思い立ったが吉日」

車を売却する際、基本的には売ろうと思ったタイミングがベストタイミングであることを忘れてはいけません。金やダイヤモンドは、タンスの肥やしとして長期間放置していても、価値が下がることはありません。

ところが、自動車は貴金属とは異なり耐久消費財ですので、乗っていなくても日々その価値は下がっていってしまうのです。新車で購入した車も、3年たてばその価値は半分にまで下がってしまうといわれています。

200万円の新車を購入して単純計算していくと、1か月で27000円ずつ価値が下がっていきますので、3か月もたてば8万円以上もその価値を下げてしまうのです。

車検切れ間近な車はすぐに売ろう

車には2年ごとに車検があります。車検が近づいているのを機に車を売却しようと考えている人も多いでしょうが、車検切れ間近な車はすぐにでも売るべきです。車検が切れてしまうと、自力で公道を走行できないなど、買取り手続きにも大きな障害が発生してしまうからです。

「年式」の考え方に注意

車の買取の際には、「年式」が大きくものを言います。年式が新しければそれなりに買取価格は付きますし、年式が古ければ高価買取は簡単ではありません。ところで、われわれが年式を考えるとき、一般的には誕生日のような考えをします。

その車の初度登録年月を基準として、その月に登録したら年式が一つ増えていくような考えですね。ところが車の年式に関しては、「満年齢」ではなく「数え年」のような考え方をするのが特徴的です。

5月に新車登録をしても12月に新車登録をしても、年をまたいで1月になれば1年落ちとなるのです。特に、年末に近い時期に新車登録をした車は、年をまたがないうちに売ってしまった方がいいかもしれませんね。

3月に売るか4月に売るかで大きく違う

車の売却時期で一番気を付けないといけないのは、3月に売るか4月に売るかです。この時期と大きく関係をしてくるのが、自動車税の存在です。自動車税は、毎年4月1日時点の所有者に対して課税される税金です。

軽自動車でも7000円前後はしますし、普通乗用車では数万円の出費が当たり前です。極端な話、3月31日に売却をしてすぐに名義変更をしてしまえば、翌年度からの自動車税を支払う必要はありません。

モデルチェンジ前に売却を

自分の持っている自動車が現行モデルであれば、その車は比較的高額で売却することができるでしょう。しかし、その車がモデルチェンジを敢行してしまえば、自分の車は一気に旧型モデルとなってしまいます。

買取においては、旧型モデルよりも現行モデルの方が価格は高いので、現行モデルのうちに売却するようにしましょう。車関係の雑誌を見ていればモデルチェンジ情報が書かれていますので、参考にするといいでしょう。

軽やコンパクトカーは年度末に

車種によっても、ベストな売却時期は異なります。まずもっとも売れ筋の軽自動車やコンパクトカーですが、これらの車種は年度末の売却がベストです。これらの車種は、学校を卒業して大学生や新社会人となる人にはうってつけの車だからです。

だからといって、3月末に売却をしても間に合わないケースが多いので、できれば2月までには売却をするようにしましょう。ミニバンなども、最近ではお子さんの送迎に使う親御さんの需要が多く、この車種も年度末は買取にはベストな時期です。

4WDは冬が始まる前に

本格的なSUVをはじめとする4WD車に関しては、本格的なウィンターシーズンの前がベストな売却時期といえます。これらの車種は、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツをする人向けの引き合いが非常に高い車です。

オープンカーは夏場に向けて

最近では、軽自動車でもコペンやS660、その他ロードスターなどのオープンカーが人気を博しています。オープンカーはやはり、降り注ぐ太陽の下を疾走させたいものですので、夏場に向けた時期が相場が上がってくる傾向にあります。

あなたの車の買取価格はいくら?

車の買い替えを考えている方や自分の車の買取価格を知りたい方。 もっと車を高く売りたい方は、「車買取の一括査定」サービスがオススメです。

たった32秒の簡単な入力だけで愛車の買取相場や、最大10社の一括見積もりで最高買取額も分かります!最大65万円もお得に売却できたケースもあります。

利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定サービスであなたの車を高く買取してもらいましょう。

 


TOP