CarPicks
自動車の売却

事故車と普通の車では、売値がどれくらい違う?



愛車を売る際、できるだけ高額で売却したいものですよね。買取サイトを利用したり買取専門店に足しげく通ったりして、何とか買取価格を少しでも高くしようと努力するものです。

事故車とは何か

しかし、そのような努力がさほど実を結ばない車もあり、それが「事故車」です。事故車という名前から、われわれはつい交通事故を起こした車のことを事故車を考えがちですが、それは必ずしも正しくはありません。

一般的にわれわれが事故車を読んでいるものは、買取りの世界では「修復歴車」と呼ばれており、車の基本骨格の部位を交換したり修理をしたりした車のことを言います。つまり、交通事故を起こさなくても該当箇所の交換、修理を行っていればそれは修復歴車となるのです。

修復歴車の対象となる箇所は、以下の9か所です。

ボンネットの底にあたるフレーム(サイドメンバー)、フロントバンパー部分のクロスメンバー、ボンネットの横側のインサイドパネル、前ドアと後ろドアの間にあるピラー、ダッシュボード近くにあるダッシュパネル、天井のルーフパネル、床部分にあるフロア、トランクルームにあるトランクフロア、ラジエーター付近にあるラジエーターコアサポートです。

ラジエーターコアサポートを除いて、骨格部位に損傷があったり修復されているものが修復歴となります。ラジエーターコアサポートは、交換かつ隣接する骨格部位に凹みや曲り、または修復歴があるものが修復歴と判断されます。

事故車がこうむるデメリット

修復歴のある車を中古車として販売する際には、その旨を必ず明記しなければならず、例え修理したとしても隠してはいけません。中古車価格でも、修復歴なしの車と比べて修復歴ありの車はその価値を大きく減らしています。

大した傷ではなくても、該当箇所に傷があればそれは「事故車」となり、そのイメージから価値を大きく低下させるからです。それは買取の世界でも同様で、日本自動車査定協会では、このハンディキャップに関しては「事故減価」として適正な減価額としています。

また、交通事故による事故車は、事故減価に加えて自己修理費も加味されます。

事故車はどれくらいのマイナス査定か

最も気になるのは、事故車になることでどれだけのマイナス査定になるかです。修復歴車は骨格部分の修理や交換を行っている車で、それを行なっているだけでも普通の車よりも10万円単位で査定がマイナスになってしまいます。

査定がマイナスになるのはまだいい方で、買取業者によってはトラブルを避けるために、修復歴車の買取を一切しないところもあります。それでも修復歴車を買い取ってくれる業者は、修復歴車をそのまま国内で販売する業者、海外で販売する業者、部品取りの車として買取をする業者など様々です。

まずは普通の買取業者にアタックしてみて、査定価格がつかなければ事故車でも買い取ってくれる業者に行くといいでしょう。

事故減価額証明書を発行しよう

実際に車を持ち込んだら、「この車は事故車ですから、買取価格が大幅に下がります」と言われる可能性があります。しかし、自分がその車を購入した際には事故車との説明はありませんでしたし、もちろん自分は修理などしていません。

とはいえ、自分でこの車が事故車でないと証明するのは、素人にはとても無理な話ですね。買取業者とのこのような食い違いを解決する際には、日本自動車査定協会が発行する「事故減価額証明書」を発行しておくといいでしょう。

第三者機関が適正に、公正な立場で評価するものですので、一定の信頼感はあります。もし不安な場合には、日本自動車査定協会に問い合わせをしてみましょう。その上で指定日時に車を持ち込み、30分程度の査定時間を経て後日証明書が郵送されます。

あなたの車の買取価格はいくら?

車の買い替えを考えている方や自分の車の買取価格を知りたい方。 もっと車を高く売りたい方は、「車買取の一括査定」サービスがオススメです。

たった32秒の簡単な入力だけで愛車の買取相場や、最大10社の一括見積もりで最高買取額も分かります!最大65万円もお得に売却できたケースもあります。

利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定サービスであなたの車を高く買取してもらいましょう。

 


TOP