CarPicks
自動車の購入

車の購入手続きにかかる代行費用の内容と相場



車を新規で購入する場合、自動車のナンバープレートを陸運局に申請する必要があります。

この登録は一般的には自動車ディーラーに代行してもらうことになりますが、その時の登録に必要な車庫証明書の取得を代行してもらうための費用が登録代行費用と呼ばれるものです。購入手続きの中にはこの様な手続きが含まれているのです。

面倒な手続きはディラーに任せてしまうことが多いので知らずに終わってしまっていたという人も少なくはないでしょう。手続きに必要な書類はディーラー側が作成しますので特に問題になることはないのが一般的です。

ディーラーに支払う手数料

この様な内容の車の購入手続きに伴うディーラー側の手数料の相場と言うのはどれほどのものなのでしょうか。一般的には約15000円から30000円程度であると言われています。

概ねこれくらいの金額が見積もりの中に上乗せされているのが一般的です。この金額の内3000円は検査登録費用と言う固定費ですので誰がやってもかかりますが、差額については手数料であると言えるでしょう。

どうしても価格交渉がしたいということであれば、必要書類の中の車庫証明を自分で取得するという手法が取れないこともありません。この書類を自分で用意するのでもう少し安くしてほしいという交渉は可能かもしれません。

車庫証明費用

車庫証明というのは約2600円程度の印紙代を支払うことで取得することが出来ますが、わざわざ取りに行かなければならないという面倒な手続きが必要になりますのでディーラーに任せてしまうのも一つの方法です。

その際の相場と言うのはおよそ5000円から10000円程度の範囲で代行費用が請求されるでしょう。少しでも安くしたいのであれば自分で取得するのが良いでしょう。

ちなみにディーラー側としてはこの手の手続きの手数料と言うのは重要な収入ですので最初から交渉するのはお勧めできません。価格交渉が限界まで来たと思えるタイミングで行うことが重要なのです。

様々な代行手数料

この様に自動車を新規に購入する場合には様々な手続きが必要であり、そこには色々な書類が必要となります。そこには代行手数料が発生しているのが一般的なのです。

自分で行うことでその代行手数料を大幅にカットすることも出来ますので、急いでいない場合などにはこの様な手法で安くするということも可能になります。

なお、代行手続きの費用と言うのはあくまでも相場が甲と言うだけでありディーラーごとに考え方は違うのが一般的です。納得できるように話し合うのが重要です。

あなたの車の買取価格はいくら?

車の買い替えを考えている方や自分の車の買取価格を知りたい方。 もっと車を高く売りたい方は、「車買取の一括査定」サービスがオススメです。

たった32秒の簡単な入力だけで愛車の買取相場や、最大10社の一括見積もりで最高買取額も分かります!最大65万円もお得に売却できたケースもあります。

利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定サービスであなたの車を高く買取してもらいましょう。

 


TOP