CarPicks
自動車の購入

車の名義変更に必要な書類と費用の内訳



欲しいなと思った車をインターネットオークションで落札したり、友人や知人から個人売買で譲り受けたとき、どうしてもクリアーしておかなければならない手続きが名義変更です。

日頃は見慣れない必要事項を揃える手間だけでなく、わざわざ陸運局へ出向いて必要事項をまとめて申請する時間などを考えると、ついつい名義変更を代行業者へ依頼しようと思いがちですが、名義変更の法定手数料だけでなく、必要書類の作成料や申請の代行料など、それ相応の費用を準備しなければなりません。

しかしながら、確実に一つずつ確認しながら準備をすすめていけば、その方法は思ったよりも簡単で、気になる費用も3000円程度の法定手数料で済みます。

まず名義変更を申請する際に必要な書類は以下のとおりです。

  1. 住所がある地域所管の警察署で申請・取得した車庫証明
  2. 市区町村役場で発行された印鑑証明書
  3. 旧所有者と新所有者の間で作成した譲渡証明書
  4. 旧所有者と同伴せず新所有者が一人で申請する場合に必要となる委任状
  5. 自動車のなかに必ず入っている自動車検査証
  6. 保険期間が有効である自賠責保険証明書
  7. 毎年5月に納税したことを証明する自動車納税証明書
  8. 陸運局の敷地内で販売されているOCRシートになった移転登録申請書
  9. 陸運局の敷地内で販売されているOCRシートになった自動車税・自動車所得税申告書
  10. 上記の書類を提出後に登録移転手数料分の証紙を貼って提出する手数料納付書

移転登録申請書と自動車税・自動車所得税申告書については、陸運局内で記入例が見ながら申請当日に作成することもできます。

ナンバー変更が必要な場合

ナンバーの変更が必要な場合は旧ナンバープレートの封印を外しナンバープレート返納口に返納したら、すべての書類を揃えて申請します。窓口の職員によって不備がないかひととおりのチェックが済むと、新しい車検証を発行する手続きがとられ、交付されます。

次に税申告窓口で、必要書類を提出すると、新しいナンバープレートが交付されます。もし希望のナンバーがあれば、4000円~6000円の希望ナンバー手数料を払えば取得することができます。

最後に取り付けたナンバーに職員が封印を行うと、以上で全てが終了します。おおよそ半日程の時間をみておけば、わかならないことがあっても担当の職員から説明を受けることができるので安心です。

とかく面倒だと思われがちな名義変更ですが、必要書類の作成方法さえ確実に押さえて実際に申請してみると、想像以上に難しくないので、ぜひ挑戦されることをおすすめします。

あなたの車の買取価格はいくら?

車の買い替えを考えている方や自分の車の買取価格を知りたい方。 もっと車を高く売りたい方は、「車買取の一括査定」サービスがオススメです。

たった32秒の簡単な入力だけで愛車の買取相場や、最大10社の一括見積もりで最高買取額も分かります!最大65万円もお得に売却できたケースもあります。

利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定サービスであなたの車を高く買取してもらいましょう。

 


TOP