CarPicks
自動車の購入

未成年の自動車ローンの保証人と勤続年数



自動車の免許は18歳から取得をすることが出来るので、未成年の方が車を持つことは珍しいことではありません。婚姻をしていない未成年者が、保護者である親が連帯保証人になることで自動車を購入することがほとんどです。

ディーラーローンや、銀行の自動車ローンの場合でも一定の審査基準を満たしている必要があり、未成年でも働いている方が多いですが、勤続年数が2年以下の場合は、審査に受かることが難しくなっています。

両親が自己破産などの債務整理をしている場合は、親の承諾を得ることで親戚の人に保証人になってもらうことはできます。

高級車でなければ自動車ローンは組める

若い年代の方は、運転歴が浅いため車をぶつけたりすることが多いため、高価な自動車を持つことはほとんどありません。最初は、リーズナブルな価格の軽自動車などの中古車から購入するようにすると良いでしょう。

保護者である両親に安定して継続した収入があり、他の債務にも支払い遅延などがなければ、ほとんどの場合は自動車ローンを組むことができます。大学や専門学校に進学をしたり、日常の買い物をするためには、欠かすことができない必需品になっています。

学生の方は、消費者金融から融資を受けることが可能になっていますが、消費者金融は目的別ローンに比べると金利が高めになっていることが多いです。学生ローンを利用するよりも、保護者に連帯保証人になってもらうようにしたほうが良いでしょう。

20歳以下の方は、安定して継続した収入がないので、金融機関で融資を受けることは難しくなっています。両親にまとまったお金があり、一括で支払うことができる場合は、代金を支払ってもらい毎月、保護者の方に返済をしていくことを考えても良いでしょう。

任意保険には加入しておく

若い年代の方は、運転技術が未熟なことが多いので、万が一の事故に備えて任意保険に加入をしておくことが大事です。車両保険に加入をしておくことで、自損事故の場合でも補償を受けることが出来るので、安心することができます。

休日を利用して、両親と専門業者に足を運んで小回りがきく、運転がしやすい商品を選ぶようにして下さい。ディーラーや銀行などでは、審査基準を満たしていると購入することができるので、じっくりと商品を選ぶようにしましょう。

若い20歳以下の方の場合は、両親の収入証明書や身分証明書、印鑑などを用意しておくようにして下さい。銀行に比べると、ディーラーのほうが審査基準が緩くなっているので、利用しやすくなっています。

あなたの車の買取価格はいくら?

車の買い替えを考えている方や自分の車の買取価格を知りたい方。 もっと車を高く売りたい方は、「車買取の一括査定」サービスがオススメです。

たった32秒の簡単な入力だけで愛車の買取相場や、最大10社の一括見積もりで最高買取額も分かります!最大65万円もお得に売却できたケースもあります。

利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定サービスであなたの車を高く買取してもらいましょう。

 


TOP