CarPicks
自動車の購入

自動車ローンをインターネットで仮審査する時の手順と手数料



車を購入するときにローンを組む人は多いですが、実際には仕事をしている人がほとんどですので、何度も審査などのために足を運ぶ時間はありません。

ディーラーで直接申し込みをする場合には最低限の手順で済ませることができますが、場合によっては銀行などのマイカーローンの方が利息や手数料が安くなりますので、手間がかかっても他の金融機関で借入れをしたいという人は多いです。

ディーラー以外での借入

車を購入するときにディーラー以外で借入れをしたいという人は、まずはインターネット仮審査が利用できるところであれば、そちらを利用するのが良いでしょう。

インターネットで簡単な情報を入力することで、実際の審査の前に仮審査で融資ができるかどうかを判断するというものです。ほとんどの場合、この仮審査を通過すれば本審査では本人確認などの簡単な作業のみになりますので、ほぼ確実に借り入れができます。

車の代金を支払うまでに審査を通しておかなければなりませんので、24時間いつでも受け付けてくれるインターネットによる申し込みは非常に便利です。

車のローンの場合には、通常所有者が融資元になり、借り入れを下本人は使用者として車検証に掲載されます。そして、支払いが遅れたときには購入した車を差し押さえられて、転売されてその代金が借入残高から差し引かれます。

ローンの方が金額が高ければ、車を売却した代金との差額は引き続き請求されますし、ほとんど返済を終えていた場合には、売却代金からローンの残債務を差し引いた残りは現金で返金されるようになっています。

自動車ローンの審査基準

借り入れをするときの審査基準としては、申込者の職業や年収、勤続年数、勤務先、持ち家の有無、他社からの借り入れ状況などの主に本人の支払い能力が重要になってきます。

キャッシングとは違って、こちらは利用者の年収に関係なく借り入れをすることができますが、あまりにも年収にそぐわない高額な買物になる場合には、これまでに問題のない利用者であったとしても融資を断られることもあります。

車を購入するときには、できればいくらかの頭金を用意しておいて、借り入れをするのは必要最低限に留めておいた方がよいでしょう。

購入した後にもガソリン代や自動車税、車検代などのさまざまな維持費が必要になりますので、あまりまとまった金額の借り入れをしてしまうと、これらの維持費が払えなくなって、結局手放さなければならなくなると言ったケースもあります。

あなたの車の買取価格はいくら?

車の買い替えを考えている方や自分の車の買取価格を知りたい方。 もっと車を高く売りたい方は、「車買取の一括査定」サービスがオススメです。

たった32秒の簡単な入力だけで愛車の買取相場や、最大10社の一括見積もりで最高買取額も分かります!最大65万円もお得に売却できたケースもあります。

利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定サービスであなたの車を高く買取してもらいましょう。

 


TOP