CarPicks
自動車の購入

自動車ローンの支払い方法はボーナス払いと一括払いなど、どれが良い?



自動車を購入する際、ローンを組む方は多いと思います。しかし、数多くある自動車ローンの中から選択するのは中々大変ですし、種類によっては多くの利息を支払うことにもなり兼ねません。

極力無駄な利息を払わずに済む賢い支払い方法はないのでしょうか?

自動車ローンの審査と支払い方法の関係

自動車ローンには、信販会社や自動車ディーラーなどのクレジット払いと、銀行や信金・JAなどのカーローンの2種類に分けられます。

クレジット払いを選択すると、審査は早く通りますが金利は銀行などと比べ高くなり、返済が完了するまでは車の所有権は貸す側になります。それとは反対に後者の方は、クレジット払いと比べ審査には時間が掛かりますが金利は低めです。

また所有権は個人になります。返済方法も元金均等方式・元利均等方式・アドオン方式の3種類が選択できます。賢く支払うには、やはり実質金利を極力抑えること一番ですので、できれば費用を貯めて一括払いできれば、それに越したことはありません。

それが難しい場合は、まず自分が今どの位費用を集められるかをチェックし、またボーナス払いが可能かを確認して、どれだけ借り入れそして、借り入れた額を返済できるか確認することが大切です。

その後、比較サイトなどを参考に自分の条件に合う方法を選択することです。また、銀行などで借り入れる場合は、返済額が変わらない元利均等方式を選択するのが良いでしょう。

元利金等返済と元金均等返済

元利均等方式は、毎月の返済額が均等に成るように分割して払う方法で、初めは利息の割合が大きいため元金は中々減りません。返済期間が長い場合には総支払額は多くなります。しかし、返済期間が短い場合には繰り上げ返済を早いうちから行っていくととても有利になります。

元金均等方式は、元金を均等に分割してから利息をプラスする方法で、初めは返済額が大きくなりますが、徐々に返済額が減っていく方式で、総支払額は一番少なくなります。住宅を購入する際に、若いうちに返済しておきたいと考える方などが選択します。

アドオン方式は、元金に利息をプラスして返済回数で均等割りした方法で、総支払額が一番高い方法です。これは選択しない方が良いでしょう。

銀行ごとの特徴を知る

自動車購入が目的の専用ローンの方が、使い道が決められていないものと比べ、無担保ではありますが、金利がやや低めになっていることが多いです。

また銀行によっては車体価格の他に免許取得費用や車検費用なども融資対象をなる場合もあるので、確認してみると良いでしょう。融資額はおよそ10万円~300万円程度です。

こうしたことを踏まえて、改めて自分に合った方法を選択しましょう。

あなたの車の買取価格はいくら?

車の買い替えを考えている方や自分の車の買取価格を知りたい方。 もっと車を高く売りたい方は、「車買取の一括査定」サービスがオススメです。

たった32秒の簡単な入力だけで愛車の買取相場や、最大10社の一括見積もりで最高買取額も分かります!最大65万円もお得に売却できたケースもあります。

利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定サービスであなたの車を高く買取してもらいましょう。

 


TOP