CarPicks

車の運転支援システム「アイサイト」には自動ブレーキ追従機能搭載



CMなどで話題の運転支援システム・アイサイトとは、人間が安全に自動車を運転するために開発されたもので、最近は多くの自動車に搭載されています。

アイサイトの機能とは?

アイサイト

人間は左右の2つの目で物を捉えているために、視界にはどうしても実際のものとの差異が現れます。アイサイトではその原理を利用し、前方にある物を認識することができるようになりました。

前方にあるものはどのような形状をしているのか、自分とそのものとはどのくらいの距離が空いているのか、そのものは動いているのか、止まっているのか、動いているとしたら移動速度はどの程度なのか、そういった情報を獲得して認識し、その情報を利用して、ブレーキで制御するなどの運転支援を行います。

具体的には、歩いている人間を認識して、もしも万が一ぶつかりそうになった場合には自動ブレーキをかける。また、前方を走行する自動車を認識して、追従機能を使用して適切な車間距離を保てるように管理する。さらに、カーブの角度や道路の白線の位置などを認識して、適切なコースを走行するように支援する、などの例が挙げられます。

このようにアイサイトとは、人間が自動車を運転する上で非常に有用な運転支援システムでありますが、適切に利用するためには守らなければならない事項もありますので注意が必要です。

アイサイト搭載車で気をつけるべきポイント

アイサイトは自動車に搭載したカメラを利用したものですので、車体の高さによって視野範囲を変えないことが非常に大切になります。そのため、自動車の足回りのパーツを改造することは厳禁です。

タイヤの空気圧も常に適正に保ち、タイヤやホイールもその車に適したサイズのものを使用しなければなりません。フロントガラスの汚れでカメラの視界が妨げられないよう、フロントガラスは内側も外側も美しく保ち、コーティング剤なども使用してはいけません。

カメラの視界がこのシステムの根幹でありますので、ガラスへの映り込みで視界が妨げられることにも注意する必要があります。後付けできるアクセサリーをつけるならばその位置にも気を付けます。

カメラのレンズに指紋などがついてしまうことも避けなければならないので、カメラには極力素手で触れないようにして、定期的に汚れていないか確認することも大切です。

アイサイトは非常に有用なシステムですが、悪天候時や逆光時などで視界が悪い時には、性能が一時的に低下する可能性もあります。システムの特性を知り、適切に運用することが必要です。

あなたの車の買取価格はいくら?

車の買い替えを考えている方や自分の車の買取価格を知りたい方。 もっと車を高く売りたい方は、「車買取の一括査定」サービスがオススメです。

たった32秒の簡単な入力だけで愛車の買取相場や、最大10社の一括見積もりで最高買取額も分かります!最大65万円もお得に売却できたケースもあります。

利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定サービスであなたの車を高く買取してもらいましょう。

 



TOP