CarPicks

車の疲労対策に効果的なコンフォタブルキャプテンシートの特徴



コンフォタブルキャプテンシート

長時間車に乗っていると、どうしても体のあちこちが痛くなってしまいます。そういった車内での疲労対策として日産で作り出されたコンフォタブルキャプテンシートがあります。

これは足を伸ばすことのできるオットマンタイプに加え、シートバック中折れ機能を採用したシートで、世界で初めてクッション一体型オットマンとシートバック中折れ機能、3層構造パッドを同時に採用しています。

これらの人間工学的にも疲労回復にすぐれた機能を組み込むことにより、長時間の運転であっても乗車中に血流を妨げずにリラックスすることができ、到着までの間を快適に過ごすことができます。

疲労がたまりにくい理由

このシートの特徴はいくつかありますが、代表的なものはクッション一体型トリプルオットマンとなっており、助手席の人がオットマンを使用している状態でも、2列目の人が同時オットマンを使えるように設計されています。

電車などでありがちな前後の座席の形状によって自分自身が窮屈な姿勢になるというトラブルを回避でき、すごしやすい姿勢でドライブに臨むことができます。

また、シートバック中折れ機能によって背骨をこれまでのシートよりも自然な形で支えることができるようになり、背骨の負担を大幅に減らすことができました。さらに3層構造シートによって体圧を分散させることで、長時間のドライブの疲労対策としても効果的なシートとなりました。

腰痛や長時間の運転が苦手な人に

このようにコンフォタブルキャプテンシートは非常に快適性と機能性に考慮し低開発されているシートとなっていますので、こちらの搭載によって、腰痛の人や長時間の走行が苦手な人でもかなり快適にドライブに付き合えるようになっています。

高齢者や腰痛などの持病がある人の場合、通常の車の座席ではわずかな距離の移動でも道路などの条件によって体の節々に痛みを感じることもありますが、このシートでは全身をゆったりと伸ばした状態で座り続けることができますので、走行中に眠ることもあります。

眠っているときに左右に体が傾かないようにガードもついていますし、シートの表面のレザーの質感も心地よく、ソファでうたた寝をしているような気持ちになります。

狭い座席に脚を縮めて座り続けていると、血流が悪くなってエコノミー症候群になることもありますが、こちらのシートならばそのような心配もありません。上位モデルの車両についているシートですが、普段から長時間のドライブがつらいと考えている人は検討してみましょう。

あなたの車の買取価格はいくら?

車の買い替えを考えている方や自分の車の買取価格を知りたい方。 もっと車を高く売りたい方は、「車買取の一括査定」サービスがオススメです。

たった32秒の簡単な入力だけで愛車の買取相場や、最大10社の一括見積もりで最高買取額も分かります!最大65万円もお得に売却できたケースもあります。

利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定サービスであなたの車を高く買取してもらいましょう。

 



TOP