CarPicks

運転支援機能であるヒューマンセーフティー・踏み間違い防止・歩行者用エアバック



近年の車には、事故防止のためのさまざまな運転支援機能がついており、できるだけ事故を起こさないように、また、万が一のことがあっても当事者の被害を極力少なくするようにさまざまな工夫が施されています。

ヒューマンセーフティー

車の運転支援機能として良く知られているのは、ヒューマンセーフティーです。これはミリ波レーダーとカメラで前方に歩行者や車などの障害物が見つかった場合にはドライバーに警告したり、自動的にブレーキがかかるというシステムです。

国内外でこのシステムを搭載している車が増えてきていますが、モデルによって急に止まるタイプもあれば、予備的にブレーキを踏み込んでゆったりと止まるタイプもあります。また、警告についても逆に視界が悪くなるような表示になっているものもありますので、実際に試乗してみるとよいでしょう。

踏み間違い防止機能

また、踏み間違い防止は高齢者のドライバーが増えてきた昨今、多くの車に取り入れられています。

こちらは画像解析技術や超音波ソナーなどを用いて駐車場に留めるときや渋滞のときなど、ブレーキを踏むべき状況でアクセルを踏んでしまったときに自動的にご操作を検地して衝突防止のためにブレーキをかけるシステムです。

うっかりと操作を間違えてしまったばかりに人や物を傷つけることは少なくありませんが、このシステムを搭載しておくとかなりの確率で被害を防ぐことができます。高齢者だけでなく、長時間の運転で疲れたときにはドライバーの判断能力は鈍るものですので、このシステムがあるだけでかなりのドライバーのうっかり運転を予防することができるでしょう。

歩行者用エアバッグ

また、歩行者用エアバックも注目されつつある安全装置です。こちらは正面から人をはねてしまった場合、センサーが反応してフロントガラスに向けてエアバッグが瞬時に展開するシステムです。

交通事故で最も深刻といわれている東部の外傷は、ボンネットの下にある硬いエンジンなどの部品、フロントガラスの下縁部やAピラーへの衝突によるものがほとんどです。

そのため、このシステムでは車体が何らかの物体と接触したことを感知すると、歩行者用エアバックが自動的に展開して歩行者の負傷を極力軽減させるというシステムになってます。これらの運転支援機能を必要に応じて取り付けることにより、交通事故や実際の被害を大幅に軽減できるので、取り付け可能な場合は、オプションとしてでも搭載しておくことをお勧めします。

あなたの車の買取価格はいくら?

車の買い替えを考えている方や自分の車の買取価格を知りたい方。 もっと車を高く売りたい方は、「車買取の一括査定」サービスがオススメです。

たった32秒の簡単な入力だけで愛車の買取相場や、最大10社の一括見積もりで最高買取額も分かります!最大65万円もお得に売却できたケースもあります。

利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定サービスであなたの車を高く買取してもらいましょう。

 



TOP