CarPicks
カーライフ

自動車の盗難対策に使える備品



自動車は新しく購入しようとするとまとまったお金が必要になるものです。また利用したから価値がなくなるものでもなく、最近では自動車に使用されている部品や、鉄やアルミといった素材そのものにも価値が付くようになりました。

そうした状況は消費者にとってより自動車を価値あるものとしてくれたのですが、その反面、様々な問題を引き起こすことにもなってしまいました。特に大きな問題となるのが「自動車の盗難被害」というものです。

鍵がかけられている自動車であっても鍵を破壊して盗み出し、人目につかないところで換金できそうな備品を取り外し、その場に投棄するというような手法の犯罪が後を絶ちません。

特にこうした被害に遭いやすいのが対策が不十分な自動車なのですが、それではどういった備品を利用すれば盗難対策になるのでしょうか。

最も手軽なのはアラーム

まず最初に検討したいのがアラームです。アラームはロックしてある自動車に衝撃が加えられたり、無理やり鍵が操作されたという場合に作動し、周囲に聞こえるような大きな音を鳴らします。

機能としては音が鳴るだけであり、ロックを強化する効果はないのですが、これから窃盗を働こうとする人にとって最も嫌うこととなるのが「誰かに気づかれる」ということです。

大きな音が鳴れば辺りの人が警戒し、近隣に警察官がいたのであれば間違いなく様子を見に来ることとなりますから、非常に効果的な防止法となるのです。

イモビライザーもオススメ

次に取り付けたいのがイモビライザーと呼ばれるものです。これはICチップが組み込まれた鍵と、自動車の中に搭載されているコンピュータのIDを連動させる機能であり、鍵が差し込まれたとしてもIDが違っていたのであればエンジンがかからないようになります。

最近ではメーカーから自動車を購入したというような場合に標準装備されていることも多く、イモビライザーの普及は犯罪防止にある程度役立っています。

しかしメーカーで取り付けられたイモビライザーは配線のつなぎ方が一定であるため、知識のある窃盗犯の場合はエンジンをかける前にイモビライザーを取り外し無力化することができるというデメリットもあります。

より効果的な防止策としたいのであれば、より強力なイモビライザーを取り付けるようにした方が良いでしょう。また根本的な防止策として活用できるのが輪留めです。ホイール部分に鉄でできた輪留めをはめることによって、物理的に動かなくしてしまうのです。

もちろん鍵を持っているオーナーなのであれば輪留めを外すことができますが、窃盗犯が外そうとするのであれば大型の電動カッターなどを利用して時間をかけて切断するほかありません。輪留めが付いている場合は盗み出すリスクが非常に大きく、ほとんどの窃盗犯が触ろうとしないのです。

自動車を守るのは何よりもオーナーの普段からの心がけになりますから、しっかりと防犯対策をするようにしましょう。

あなたの車の買取価格はいくら?

車の買い替えを考えている方や自分の車の買取価格を知りたい方。 もっと車を高く売りたい方は、「車買取の一括査定」サービスがオススメです。

たった32秒の簡単な入力だけで愛車の買取相場や、最大10社の一括見積もりで最高買取額も分かります!最大65万円もお得に売却できたケースもあります。

利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定サービスであなたの車を高く買取してもらいましょう。

 


TOP