CarPicks
カーライフ

車の運転には欠かせない車庫入れと縦列駐車のテクニック



車を運転するためにはもちろん運転免許証の取得が必要となりますが、ほとんどの人が免許の取得に際して自動車学校で教習を受ける事となります。

教習の中では車を運用する際の基礎知識や基本的なメンテナンス、また内部の構造といったことを学ぶ学科と、実際に路上での様々なシーンに対応した運転技術を身につける路上教習があります。

実技教習の内容には様々なものがあり、当然始めて車に乗るという人にとって、そう簡単にこなせる内容ではありません。こうした様々な実技教習の中でも、駐車に関する技術は多くの人がつまずくものの一つです。

苦手な人が多い縦列駐車教習

車庫やパーキングなどでの駐車を想定している事から、決められたスペースにきちんと停める必要があり、またバックでのパーキングとなると、初心者はどうしても後部の感覚がわからず、後ろに下がりきれなかったり、また逆に後ろの障害物に接触してしまうという事がよくあります。

こうした駐車の技術の中でも特に難しいのが縦列駐車で、これは既に免許を取得している人でも苦手とする人が多いものです。

実際に車庫入れなどで、この縦列駐車のテクニックが必要になる機会はそれほど多くはありませんが、これができるかできないかで、自分の車両感覚がどの程度身についているかという指針にもなります。

縦列駐車教習を克服するには

縦列駐車の際には停めやすいように角度をつけて侵入する人が多くいますが、かえってこの方法では障害物との距離が測りにくく、またハンドルをどの程度切っていいのかもわかりづらくなってしまいます。

こうした状況を改善するには、スペースに対し、一台分斜め前方から平行にスタートするのが有効です。ハンドルがまっすぐの状態からスタートするので、ハンドルをどの程度切ったか、またまっすぐに戻す際にもその量がわかりやすく、止めた後に歪んでしまうという事も防ぐことができます。

また上空から自分を見るというイメージを持つと、障害物との距離の感覚がつかみやすく、どの程度の角度がついているかもわかりやすくなります。それでもスムーズに停めるためにはある程度の経験と技術が必要となりますが、こうした時は同乗者に後方を確認してもらうのが初歩的ですが、確実な方法です。

誘導してもらうのは最小限にし、自分の感覚で進め、接触しそうな時だけ声をかけてもらうことで、車両感覚を養うことが可能となります。また危なかった時には自分の目で確認し、イメージとどれだけずれているかを把握するのも有効な方法です。

あなたの車の買取価格はいくら?

車の買い替えを考えている方や自分の車の買取価格を知りたい方。 もっと車を高く売りたい方は、「車買取の一括査定」サービスがオススメです。

たった32秒の簡単な入力だけで愛車の買取相場や、最大10社の一括見積もりで最高買取額も分かります!最大65万円もお得に売却できたケースもあります。

利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定サービスであなたの車を高く買取してもらいましょう。

 


TOP