CarPicks
カーライフ

普通免許・原付免許・大型免許車で異なる、運転免許の視力の条件



若い年代の方から、中高年以降の方まで運転免許を取得したいと考えている方が増えています。運転をするためには、一定の視力の条件を満たしている必要があるので不安を持たれている方が多くなっています。

原付免許の視力の条件

原付免許は、片目の視力が0.3以上で、両目では、0.5以上になっています。片目が見えない場合は、視野が150度以上あり、片目の視力が0.5以上であることが必要になってきます。

片目の視力が0.3に満たしていない場合は、コンタクトレンズや眼鏡で視力矯正をしておかなければなりません。

これから、原付の免許を取得したいと考えている方は、事前に眼科で視力検査を受けておくようにして、一定の基準に満たしてなければ、コンタクトレンズや眼鏡を作っておくようにして下さい。

普通免許の視力の条件

AT車の限定免許などの普通免許を取得したいと考えている、若い年代の方が多いのではないでしょうか。片目の視力が0.5以上で両目の視力が0.7以上の方は、免許を取得することができます。片目が見えない場合は、片目の視力が0.7以上あることが条件になっています。

安全に車を走行をするために、原付の免許に比べると基準が厳しくなっています。

観光バスを運転したり、大型トラックの運転をする仕事に就きたいと考えている方は、男女を問わずに増加しています。大型の免許を取得するのは、普通の免許を取得するよりも難関になっていて、短期間で取得するためには合宿免許などに参加をする必要があります。

大型免許の視力の条件

大型の免許は、片目が見えない方は取得をすることが出来なくなっているので、注意をするようにして下さい。片目の視力が0.7以上で両目の視力が0.8以上であることが条件です。

視力が一定の基準を満たしていることが大切ですが、普通の免許とは違って、大型車を運転するためには一定の審査基準を満たしている必要があるため、適性検査を受ける必要があります。交通事故を防いで、安全に車を走行させるためには視力や視野の検査は、大変重要になってきます。

自動車の免許を取得することで、様々な職業に就くことができるので、仕事や学業の合間や夏休みや春休みを利用して免許を取得するようにして下さい。最近は、女性の方もほとんどの方が自動車の免許を取得しているので、様々な職業に就いて活躍をしています。

大型の免許を取得するのは難関ですし、視力の条件も厳しくなっていますが、多くの方が免許を取りたいと考えています。きちんと視力の条件を確認しておくようにして下さい。

あなたの車の買取価格はいくら?

車の買い替えを考えている方や自分の車の買取価格を知りたい方。 もっと車を高く売りたい方は、「車買取の一括査定」サービスがオススメです。

たった32秒の簡単な入力だけで愛車の買取相場や、最大10社の一括見積もりで最高買取額も分かります!最大65万円もお得に売却できたケースもあります。

利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定サービスであなたの車を高く買取してもらいましょう。

 


TOP