CarPicks
カーライフ

車の傷みと修理や交換を考える際の内張りカスタム



質の高い国産車でも傷みは経年と共に起こりますし、大切に扱っていても避けられない現象です。紫外線や熱は物質が劣化する原因として大きな要素ですから、太陽の光を浴びながら走る車はダメージを受け続けます。

内部は車自体が発する熱によって変化が起きるので、熱による膨張と収縮はパーツに傷みを与えます。室内も傷みが避けられないプラスチックが使われているので、内張りの見直しを行うチャンスになります。

使用しているパーツによって費用は変わる

パーツの修理や交換は必要に応じて行われますから、その場合には技術料やパーツの費用が発生します。高価なパーツを使っている場合の費用は更に高くなり、修理や交換でも通常より価格が上がります。

どちらにしても修理が避けられない場合は、外装や内装の装飾を考える切っ掛けになります。法律上変更を加えられる範囲は限られていますが、制限の中で自分の車を実現する事が可能です。

内装も製造後の時間の経過と共に変化が起こり、質感が変わったりひび割れの現象が起こります。プラスチックは紫外線に弱いパーツですから、ガラスから射し込んだ太陽の光に含まれる紫外線で傷みます。ガラスは紫外線を防ぐ効果を持っていますが、完全に防ぐ事は不可能で別の対策が求められます。

パーツは劣化し続けている

製造段階でプラスチックに含まれる紫外線吸収剤は、長期間の使用で効果を失うと急激にプラスチックの劣化に繋がります。内張りのカスタムはパーツを覆う様に追加されるので、内装の劣化を遅らせる事も出来ます。外装とは違って内装はカスタムの自由度が高く、自分らしい車に近付けるポイントの一つです。

性能の向上や走りの変化も魅力的ですが、視覚的に変化を得られる内張りは満足度が高い変更箇所です。自分がイメージして演出された車内で過ごす事が出来ますし、他のドライバーに対するアピールもあります。修理が必要な時に元と同じパーツに交換される事は、状態は良くなっても見た目には変化が少ないのです。

部屋の模様替えや家具の配置と同じように、車も内装が変更出来て自分の空間を持つ事が出来る場所です。質感の良い内装を選んで交換したり、市販の車とは違ったカラーリングの内装も特徴が得られます。ベースの車にアレンジを加える事によって、更に愛着が持てますしドライブも楽しさが増します。

気に入らない箇所を部分的に変更してみたり、内装の全てを自分のイメージ通りに表現出来る事もメリットです。予算に合わせて車の見た目を変えられますから、修理を行う際には検討してみる価値があります。

あなたの車の買取価格はいくら?

車の買い替えを考えている方や自分の車の買取価格を知りたい方。 もっと車を高く売りたい方は、「車買取の一括査定」サービスがオススメです。

たった32秒の簡単な入力だけで愛車の買取相場や、最大10社の一括見積もりで最高買取額も分かります!最大65万円もお得に売却できたケースもあります。

利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験した車買取一括査定サービスであなたの車を高く買取してもらいましょう。

 


TOP